東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

\多拠点ファミリー制度/退去しても、いつでも帰ってきてね。入居者様向け多拠点制度が新しく発足されました

  

「退去しても、いつでも帰ってきてね」
様々な事情によって退去したとしても、いつでも帰ってきてほしい。出会った縁を大切にしてもらいたい。そんな想いから新しく、多拠点ファミリー制度を導入します。

(1)多拠点アンバサダー制度

  

多拠点アンバサダー制度は、下記の条件を満たした場合に退去後もご自身の暮らしていたハウス始め、全国の絆家シェアハウスへ最大1週間無料でファミリーアンバサダーとしての滞在ができる制度になります。
 

<条件>
■絆家正規入居期間が1年以上
■ファミリーアンバサダーとしての活動経験が半年以上ある
■SNSアカウント1アカウントで2000以上のフォロアー数がいる
(インスタorツイッターのみ)
  

<内容>
全国の絆家シェアハウスへ最大1週間無料で滞在することが出来ます。
滞在中はアンバサダーとして、ご自身のSNSでシェア生活を発信(or公式記事制作)を行なっていただきます。
※滞在は各ハウスの空室状況によります。お部屋の希望はできませんのでご了承ください。多拠点ファミリーはコロナ自粛期間に関しても、運営者による事前体調チェックフォームをご入力の上、ハウスへ帰宅いただくことが可能となります。
 
 
退去時、上記の条件をクリアしている場合に運営事務局まで申請ください。
条件を確認後、多拠点ファミリーとして認定させていただきます。
 
  

多拠点アンバサダー制度をきっかけに、ハウスから退去してもいつでも帰ってきてもらえたら嬉しいです。

多拠点アンバサダー・hitotokiファミリー「おさや」をご紹介

 
 
多拠点ファミリー制度発足と合わせてアンバサダー第一号に認定されたのは、hitotokiファミリーの「おさや」
  

大阪・帝塚山にあるシェアハウスhitotokiのオープニングと同時に絆家シェアハウスに出会い、約3年間絆家シェアハウスで暮らしてくれていました。
 
自分自身でカフェ&バーの経営やまちおこしイベントを運営する中、ゲストハウス起業と地域創生を日本全国に展開したい新たな夢に掲げて会社設立し、日本一周の挑戦をスタートしました。夢を叶えるための一歩を踏み出すのと同時に絆家シェアハウスから卒業することになりましたが、退去しても「多拠点アンバサダー」として全国の絆家シェアハウスへお邪魔するかもしれません。
  

その時はぜひよろしくね。日本一周の旅の話、カフェ&バー事業の話、夢のゲストハウス立ち上げの話、色々と話してみてください。
 
おさやをもっと知る
 

多拠点アンバサダー・絆家立ち上げアンバサダー「いっちゃん」をご紹介

 
 
同じく多拠点アンバサダー2人目、「いっちゃん」をご紹介。
  

いっちゃんは絆家シェアハウスや姉妹シェアハウスの立ち上げの時には欠かせないほどの魅力的な発信をしながら立ち上げアンバサダーとして関わってくれていました。千葉・柏にあるHASH196や、姉妹シェアハウスotowaの立ち上げにも大きく携わってくれていました。(滞在中はこんな魅力的な記事を執筆してくれていました。)
  

現在は拠点を九州に移し、フリーランスとしてPRや広報に関わる傍ら、クラウドファンディングや企業ブランディングを行うお仕事を行う、今話題のアドレスホッパーです。

  

多拠点暮らしの中で、ふと全国の絆家シェアハウスに帰ってくるかもしれません。その際には、いっちゃんにPR広報・地方創生の話、色々と話してみてください。
 
 
 
いっちゃんをもっと知る
  
 
 

多拠点ファミリーに認定されたファミリーは、随時こちらのページで配信させていただきます。離れてもいつでも帰ってきてほしい。絆家シェアハウスは、そんな想いを大切に出来るシェアハウスでありたいと思います。

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox