東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

(JP) 【実例紹介】シェアハウスでトラブルを起こさない為のルールとは

(JP) ・シェアハウスではトラブルが起きそう
・共同生活ならではのルールが厳しそう
・どんなルールがあるんだろう
 
これからシェアハウスへの入居を考えている方によっては、シェハウスでの生活イメージが掴みづらいものですよね。たくさんの人が共に暮らすシェアハウスだからこそ、トラブルが起こるリスクはつきものです。しかし、そんなトラブルを防ぐ為にシェアハウス独自のルールが決められています。
 
一見、「めんどくさそう」と感じるシェアハウスのルールが、実はトラブルを防ぐ役割を担っているんです。
 
しかし、シェアハウスで生活した経験がない方にとっては、どんなルールが決められているのか想像が付かないのが現実でしょう。そんな不安を取り除く為にも、事前にハウスルールの実態を知っておきましょう。
 
これからシェアハウスへの入居を考えているあなたに向けて、実際にシェハウスで生活を送る私が、シェハウスで決められているルールやトラブルの解消法をお伝えしていきます。

(JP) シェアハウスでルールが決められている理由とは

(JP) まずは、なぜシェアハウスでの生活にはルールが必要なのか。
 
その理由は、ずばり、様々な価値観の人が集まるからです。学生の頃部活動で寮生活を送っていた方であれば、なんとなく想像が付くのではないでしょうか。複数人の人が集まれば、価値観や生活リズムも様々ですよね。当然今まで送ってきた生活スタイルは異なるし、常識も異なります。下記のような些細な価値観の違いでも、シェアハウス内でのトラブルに繋がりかねません。
 
・起床時間や就寝時間の違い
・掃除をする頻度
・トイレの使い方
・冷蔵庫の管理方法
・私物の管理方法
 
「こんなことでトラブルになる?」と疑問に思う方もいることでしょう。しかし、シェアハウスは多くのファミリーと時間を共に過ごす空間。些細なすれ違いでも、トラブルになりかねません。もし、何もルールによる取り決めがなく、自由すぎる空間だった場合を想像してみてください。何のストレス無く、日々の生活を過ごせるでしょうか?
 
おそらく、ルールが無ければ、ファミリー間で不満が溜まってしまうでしょう。そう考えると、シェアハウスにはルールが必要不可欠になってきます。
 
これはファミリーに強要するものではありませんが、シェアハウスで生活してみると、ルールの大切さをひしひしと感じます。実際に、私も入居前は「ルールの取り決めが厳しいな」と感じていました。しかし、実際に生活を送る中で、「ルールがあった方が心地よい」と感じるように。ルールがあれば、誰かが「嫌だ」と感じる頻度を減らすことができ、ファミリー全員で「ハウスを綺麗にしよう」という意識が芽生えてきます。「ファミリー全員が過ごしやすい」と感じられる空間を作れば、必然的に「自分が過ごしやすい空間」へと変化してきます。
 
たしかに、共同生活に親しみがない方は、ルールに馴染むまでに少し抵抗があるでしょう。しかし、1ヶ月もあれば、ルールが決められた生活にも慣れてしまいます。ちなみにシェアハウス生活経験がなかった私の場合は、3日で慣れてしまいました。
 
これには個人差がありますが、きっと生活をしていく中で慣れることができますよ。また、シェアハウスのルールはハウスごとに異なるので、自分に合ったハウスを選ぶことも重要です。そのためには、まず内覧してシェアハウスのルールや雰囲気を体感しておきましょう。
 
初めてのシェアハウス完全マニュアル

(JP) シェアハウスでトラブルを防ぐ為のルール5選

(JP) では、実際にシェアハウスにはどんなルールがあるのか見ていきましょう。
 
シェアハウスの内覧で部屋の間取りや、ハウスの雰囲気を知ることは、ハウス選びにおいて重要なことです。しかし、それと同じくらい「ハウス独自のルールを知っておくこと」も重要なポイントです。
 
ネットで「シェアハウス」と検索すると、「トラブル」といったネガティブな言葉を目にすることも多いですよね。そんなシェアハウスのトラブルを防ぐ為に必要なのが、ハウスルール。
 
細かくてめんどくさそう
私生活をルールで縛られたくない
 
といった意見を持たれる方も、ぜひ目を通して欲しい内容です。「もしこのルールがなかったら共同生活はどうなってしまうんだろう?」と想像しながら読み進めてみてくださいね。

 
ルール例その1:共有スペースの使用方法
 
シェアハウスにおいて、自分の部屋以外は基本的にファミリー全員が使う共有スペースです。ファミリー皆が使う場所だからこそ、管理方法に関するルールが設けられています。共有スペースに関するルールの例を挙げると、下記のようなものがあります。
 
・私物を放置しない
・靴は下駄箱に入れる
・ゴミ箱が溢れていたら気づいた人が捨てる
・電気は最後に退出する人が消灯する
・共有スペースは汚した人が掃除する
 
そこまで難しいルールではないですよね。どれも、普段から気をつけていれば、当たり前と感じるものばかり。「ファミリーが使う場所だから協力して綺麗にしよう」といった、簡単なルールが多い印象です。
 
もちろん、ハウスごとにルールが定められているので、ハウスによって細かいルールの違いはあります。中には、共有スペースの使用時間に制限が設けられていたり、ゴミ出しのルールが異なる場合も。共通の認識として、「誰が使っても気持ちのいい空間にすること」を心がけると、抵抗なくルルールに馴染めるでしょう。
 

ルール例その2:私物の管理方法
シェアハウスにおいて、トラブルの原因となり得るのが、私物の管理について。
 
複数のファミリーがカバンや靴を共有スペースに放置してしまうと、乱雑な状態になってしまいますよね。だからこそ、長時間の私物の放置を制限するルールが存在します。
 
シェアハウスの規模は、各ハウスによって様々ですが、共同生活であることに変わりありません。もし、私物を放置して共有スペースを埋めてしまったら、と考えれば自然と私物を放置することはなくなるものです。
 
一人暮らしの時であれば、気にならなかった私物の放置も、シェアハウスでの生活の中では目立ってしまうものです。
 
私は、生活の中で整理整頓が苦手なタイプですが、シェアハウスに来てから、多少なりとも片付け上手になれました。これも、シェアハウスのおかげで身についた習慣の一つです。
 
私物に関するルールについてメリットに感じる点がある一方で、注意点も存在します。それは、私物を勝手に捨てないこと。共有スペースに放置されていたものが、ファミリーの重要なものである可能性があります。「たまたま置き忘れただけ」という可能性もあるので、周囲のファミリーに確認す流ことで、トラブルを防ぐことができますよ。
 
あくまで、「自分だけの空間」ではなく、「シェアハウスで過ごすファミリーの空間」であるという意識を持つことが重要です。「自分の為」にやる片付けは面倒に感じても、「ファミリーの為」を想っての片付けは、心地がいいもの。シェアハウスでの生活を楽しむ上での、重要なポイントなので、念頭に置いていただけると幸いです。
 
 
ルール例その3:お風呂や入浴時間の管理について
シェアハウスでの生活では、お風呂も共同。お風呂もシェアするということは、入浴時間が被ってしまうこともあります。だからこそ、お風呂に関するルールも存在します。
 
どんなルールがあるのか、いくつか例を見ていきましょう。
 
・入浴時間の制限
・お風呂を出る時は掃除をする
・排水溝に髪の毛は毎回掃除する
・私物のシャンプーやリンスを放置しない
・深夜に利用する時は騒音に気を配る
 
キッチンと同じで、お風呂の水回りは気になる方もいらっしゃるでしょう。キッチンでも設定されることが多いルールですが、「使ったら掃除する」ことが定められていることが多いようです。
 
また、お風呂を長時間独占してしまうと、次の人が利用できなくなってしまいますよね。お風呂に関しても、他のファミリーのことを考えて行動すれば、自然にできてしまうことが大部分を占めています。
 
私がシェアハウスに入居する上で、一番気になっていたのが、お風呂の利用について。共同生活をしたことがなかった私にとって、お風呂を共有するに関するイメージができませんでした。さらに、「お風呂の時間制限が厳しいんじゃないか」という不安や、「お風呂が汚かったら嫌だな」という不安がありました。しかし、ハウスルールがその不安を全て解決してくれました。ファミリー全員がルールを守っているからこそ、気持ちのいい生活が送れることを実感しました。
 
シェアハウスのルールを文字だけで見ると、堅苦しく感じてしまいますよね。しかし、実際のシェアハウス生活には欠かせないものなのです。ファミリー間のトラブルを未然に防止する為にも、一役買ってくれるのが、ハウスルールです。
 
ルール例その4:知人や友人の宿泊について
魅力的なシェアハウスに入居すると、知人や友人を宿泊させてあげたい、という要望も出てきますよね。シェアハウスの魅力を伝える為にも、知人や友人をシェアハウスに招きたくなるものです。
 
これに関しては、時期や世間の情勢によって異なってきます。感染症対策の為にファミリー以外の宿泊を控えるようにルールを定めていたり、通年宿泊を禁止しているハウスもあるくらいです。
 
一方で、シェアハウスの運営に申請すれば、友人や知人が宿泊できるシェアハウスも存在します。知人や友人の宿泊については、内覧時などに確認することも可能です。気になる方は、入居前に問い合わせてみましょう。
 
しかし、シェアハウスでの生活は、ファミリーとの生活が中心です。あまりにも大人数の知人や友人を招くことは、シェアハウスの許容人数によっては許可されない場合もあるので、注意しましょう。
 
ルール例その5:冷蔵庫の使用について
シェアハウスでの生活で欠かせないのが、食に関わる冷蔵庫の使用について。
 
冷蔵庫は毎日使用するものですし、個人によって使用方法や使用頻度が異なりますよね。個室があるシェアハウスなら、個人の冷蔵庫が設置されている場合もあります。しかし、ドミトリーのお部屋しかないシェアハウスであれば、冷蔵庫もファミリーとシェアすることになります。
 
ここで問題になるのが、冷蔵庫の使用スペースと、食材の管理方法。例えば、料理を毎日するファミリーと月に一度しか料理をしないファミリーでは、冷蔵庫の使用スペースが異なってきますよね。
 
ここで問題にならないように、あらかじめ使用きるスペースが割り振られていることがあります。もし、使用スペースに区切りが無い場合でも、ファミリーと譲り合って使用することを心がけてくださいね。
 
また、食材の管理方法もトラブルを起こさないように、ルールが定められています。冷蔵庫の使用関してよく聞くトラブルが、食材の取り間違え。勘違いして食材を取り違えてしまうことが、発生しかねません。そんなトラブルを防ぐために、取り間違えそうな食材に印や名前を明記することが定められていることが多いです。
 

(JP) シェアハウスで起こりうるトラブルの実例

(JP) 上記のようにルール定められていても、シェアハウスではトラブルが起こってしまうこともあります。ルールはハウス内のトラブル防止の為でもありますが、完全にトラブルを防ぐことは難しいのが現実です。
 
もちろん、シェアハウスのルールを守ることは重要です。それと同時に、考えうるシェアハウスでのトラブルを把握し、トラブルを起こさない為の対策を考えることが重要になってきます。シェアハウスでのトラブルは、目を逸らしてしまいがちな内容ですが、まずはトラブルの知ることが大切です。
 
そこで、この章では、実際にあったシェアハウスでのトラブルの例を紹介していきます。あくまで一例として、シェアハウスでのトラブルについて見ていきましよう。
 
騒音トラブル
シェアハウスでのトラブルの中で、口コミなどでよく見かけるのが、騒音トラブル。特に深夜の共有スペースや、ドミトリーで発生しやすいトラブルです。
 
複数人で生活する為、音が室内に響きやすく、多少神経質になるポイントです。
 
・足音
・電話の話し声
・テレビの音量
・目覚まし時計のアラーム
 
普段何気なく行っている生活音が、トラブルのもとになる場合もあります。そんな騒音トラブルを防ぐために、下記のような個人でできる対策もありますよ。
 
・防音性の高いシェアハウスを選ぶ
・防音シートを買う
・窓を締め切る
 
しかし、個人でできる防音対策によって、全ての騒音トラブルを防げるわけではありません。一番重要なのは、節度を持って生活すること。一人暮らしや戸建ての住宅に住んでいた時の常識と、シェアハウスでの常識は異なります。
 
シェアハウスでの生活を過ごしやすくする為に、ハウスルールが存在していることを忘れないでください。「ファミリー皆の為のルール」と捉え、ファミリー間のトラブルを予防していきましょう
 

(JP) シェアハウスでトラブルに巻き込まれた時の対処法

(JP) ルールがあるからといって、シェアハウスのトラブルを全て解決できるというわけではありません、さまざまな価値観を持ったファミリーが空間をシェアいているからこそ、時にはトラブルが起こってしまうもの。
 
もし、トラブルが起きてしまったら、と考えると不安になってしまいますよね。
 
そんな時は、まず他のファミリーに相談しましょう。些細な認識の違いから生まれるトラブルもあるので、話し合いで解決できることもあります。また、ファミリーに呼びかけることで、「次から気をつけよう」、「皆で整理整頓しよう」といったように、トラブル防止にも繋がります。
 
自分だけでは解決できない問題や悩みを、ファミリーで共有して解決できるのも、シェアハウスの醍醐味といえます。
 
判断に迷うことがあれば、ぜひ周囲のファミリーに相談してみましょう。
 
それでもトラブルを解決できない場合は、ハウスの運営者に相談してみてくださいね。

(JP) コミュニティ特化型の絆家シェアハウスで快適な生活を送ろう

(JP) ここまで、「シェアハウスにルールは存在しているのはトラブルを防ぐことにつながる」ということをお伝えしてきました。
 
しかし、シェアハウスでの生活はルールで厳しく縛られるものではなく、ファミリー同士で快適な生活を作っていけたら理想ですよね。
 
そのためには、ファミリー同士が気になる点を伝えあって、快適な空間を作っていける文化作りが大切です。それでも、一からシェアハウス内に、全ファミリー共通の文化を構築するのは難しいもの。
 
そんな理想のシェアハウス生活を実現する為に、絆家シェアハウスでは、入居者間同士で居心地の良いコミュニティを育む仕組みを作っています。
 
ぜひ一度、絆家シェアハウスのホームページを覗いてみてくださいね。
ようこそ、絆家シェアハウスへ!大切にしたいコンセプトへの想い

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox