東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

わたしたちは共に暮らす大家族。“みんなでみんなを守る”意識で無事に今日まで過ごしています。

 
 
こんにちは。絆家シェアハウス#HASH196のにーなと申します。#HASH196のコミュニティマネージャーになって以来、初めての記事です。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

早いものであっという間に今年も半分が過ぎましたね。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。少しずつ、日常が戻ってきつつある、といったところでしょうか。
 

世間の流れと同じく、私が住む千葉県柏市にある#HASH196でも、自粛期間中はリモート勤務のファミリーが多かったです。今まで生活リズムが合わずにあまり交流出来なかったファミリー同士がお互いの距離を保ち、尊重しつつ仲良くなる姿は、自粛中の暗いムードを明るくしてくれていました。
 

「不特定多数のひとがいるシェアハウスは、リスクも多い」なんて声が上がるのは当然ですが、わたしたちは共に暮らす大家族。みんなで換気、消毒、マスク着用、など、それぞれが出来る限りのことをして、“みんなでみんなを守る”意識で無事に今日まで過ごしています。
 
 

すべてはここに住むファミリーが愛情に溢れ、協力的だったからこそ実現できたこと。
”密にはなれないから、一緒に食卓は囲めないけど、ごはん作っておくから、食べてね”
そんな思いやりもたくさん循環していて、何度もとても心温かい気持ちになりました。
 
103628210_328690448127007_1694867618011051582_n
 
自粛期間中、飲食で働くファミリーはお仕事もお休み…でも、そんな時だからこそ思いやりが溢れていました。写真はみんなにご飯で元気を与えてくれた、ハウスファミリーと、お野菜と。

 

ちなみに、#HASH196には芝生エリアがあり、”不要不急の外出はしない!”と固く心に決めていた私も、お庭でピクニック気分を味わうことで、気分転換ができていました。
 
102558305_3329452637065150_6628604983465621387_o
 

一人で食べるごはんよりも、誰かと食べるごはんはやっぱりおいしくて、うれしい。
いつものごはんが、誰かのアイデアで、より素敵に、おしゃれになる。
沈んでいた気分も、明るくなる。毎日を彩る生活が、シェアハウスにはあります。
 
 
自粛ムードはまた少し続きそうですが、また大家族のみんなで楽しい食卓が囲める日々を楽しみにしています。

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox