出会いと別れの季節です。
みんなありがとう。
いつでも帰ってきてね。
=tabicco=

コミュニティシェアハウス

English below

カツカツカツカツ・・・
「急がないと、
会社に着くのがギリギリになりそう。。。」
私はtabiccoから駅までの道のりを急いで歩いていた。

そういえば、1年前もこうやって駅まで急いでいた。
あれは少し肌寒くなった秋の休日。
カナダからやってきた女の子が
tabiccoの内見に来るということで
駅まで迎えに行った日だった。
あの時も、私は急いで駅に向かっていた。

いろんな国から集まる家族が安心できる家

コミュニティシェアハウス

あの時とてもドキドキしていた。
「日本語話せるかな?
話せなかったら英語だよね…。
英語で何話そう。
いや、その前に会った時の挨拶は?
普通に自己紹介?それともHug??」
ちょっと心配な気持ちが頭の中をぐるぐると回りながら、
私は駅へと走っていた。

駅からtabiccoへと向かう間、
とても私は緊張していた。
「ここにはスーパーがあるよ」
「ここが公園だよ。花火とかもするよ。」
そんなことを話しながら歩いていたのを
ぼんやりと覚えている。

彼女がtabiccoに入居を決めてくれた時、
とても嬉しかった。
誰よりも明るい彼女が家族になって、
tabiccoには毎日笑いがあふれていた。

コミュニティシェアハウス

いつも「文化も言語も違う国に、
暮らすのってきっと想像以上に大変なんだろうな。
みんなにとって、tabiccoに戻れば安心できる。
ほっとする。そんな本当の家のような場所でありたい。
今のtabiccoは安心して帰ってこれる家になっているかな?
帰りたくなる家になっているかな?
どうしたらそんな家になるのかな??」

そんなことを日々考えながらこの1年を過ごしていた。
時々、tabiccoがみんなにとって
居心地のいい空間になっているかわからなくて
不安にもなった。

家に帰ってきて、部屋へと階段を上がるとき
「ワハハハハハ」
とリビングから笑い声が聞こえてくると
「今日も楽しそうだ♪」と嬉しかった。
一人暮らしをしていた時にはない暖かさが常にあって、
みんなの笑い声が響き渡るリビングが大好きだった。

いつでも帰ってこれる温かい場所

コミュニティシェアハウス

今月海外から来て、
tabiccoで暮らしてくれたファミリーが旅立っていく。
1年。楽しい思い出はあっという間.。
tabiccoメンバーで過ごした日々を思い出すと
なんだか涙があふれてくる。
それだけみんなのことが大好きだったんだなと思う。

みんなありがとう。
そして行ってらっしゃい。
いつでもみんなが安心して帰ってこれるように、
tabiccoはこれからも、
温かさにあふれた家であり続けるよ。

そしてまた新しく
tabiccoのファミリーになったみんなが
tabiccoで笑顔と幸せにあふれた生活をおくれますように。

日本にいる第二の家族。
tabiccoのなつきがお送りしました。

旅する暮らし

As this is a season where many members are leaving or have left Tabicco, this is a message to thank you guys, and tell you that you are welcome back to your second home (Tabicco) at anytime

*Kata* *Kata* *Kata*
The sound of my footsteps as I am rushing for the train on my way from Tabicco to Senrioka Station. “This is bad, am I going to be late reporting for work…?”
Speaking of which… I was running to the station like this a year ago….

That was a chilly autumn weekend, and I was running the same route to pick up a girl from Canada to introduce her to Tabicco. I was very excited and nervous at that time… “Can she speak Japanese? If not, what should we talk about in English?
How should I greet her? How should I introduce myself? With a hug? ” These were the many questions I had while I was running to the station.

As we were walking towards Tabicco from the station, I nervously introduced some of the amenities on our way back, “There is a supermarket here, this is the park, and we can do fireworks here as well”, which were some of the conversations that I idly remember having with her.

In the end, she had decided to join Tabicco! I was overjoyed!! And, as she became more familiar with everyone, Tabicco became a place with full of laughter everyday.

As foreigners, I understand that when you go to a country where the culture and language is different, it will be definitely difficult to start living in it. Therefore, for everyone here, you can rest assured that Tabicco will be a home that you can return to even after your graduation.

In the past year, I have always been thinking about how to make Tabicco a comfortable place where the members can call home? And I have also been wondering if the current members feel at home or not…

However, whenever I come home from work and hear the echoing laughter coming from the living room, I always thought to myself, “It must have been another fun day for everyone! ♪” There is always this warmth where I would never have experienced if I were living alone.

As many of our family members from abroad will graduate or have already graduated recently, I have been recalling all of our fun memories from the past year. As I recall those days, somehow my tears start to flow, I will miss you guys.

Once again thanks guys!! Remember that you will always have a warm home here in Tabicco.

And everyone else, let’s continue to make Tabicco place full of warmth and laughter!

From your second family in Japan.
Natsuki of Tabicco.

https://kizunaya-s.com/en/house/tabicco/

ライター紹介
natsuki
natsuki

ニックネームはなっちゃん。大阪tabiccoハウスファミリー。
趣味は研究と旅とカメラと美味しいものを食べ歩くこと。
ハウスファミリーが作ってくれたごはんと誰かと笑ってる時間が大好き。
シェアハウスでは、笑顔が光るお母さん的な存在。

WordPress Lightbox