yuto

 

23622064_1774893149187781_8205236814910630897_n
シェアハウスの本来の価値を広げていきたい
大型国際交流シェアハウスから絆家シェアハウスへ

陽気な笑顔、お茶目な動き、食べる量は人の3倍、そんなゆうとが絆家シェアハウスへやってきたのは2016年。

絆家シェアハウスが掲げている
シェアハウスの本来の価値(ハードよりソフトを、という絆家が大切にしている想い)に共感し
何か一緒にできないか、というところからあれよあれよという間に
絆家インターナショナルプロジェクトの企画・グローバルシェアハウスのマネージャーに任命された。
その陽気なキャラクターで運営チームの心も、ファミリーの心もわしずかみにし、
2017年現段階で新規オープンされた池袋hug・幕張Global HUGのマネージャーとして
国籍問わず、数多くの外国人の受け入れサポートを行っている。

21984333_2043847339171770_1405749019_n
▲2017年10月NEWOPEN!!幕張GHのメンバーと。

22052680_2043847349171769_462487535_n
▲同時オープンされた池袋hugメンバーと。

友達とも言えない、ここだからの感覚

「シェアハウスでの第二の家族」とはそんなもの。
血のつながりがなくても、国籍や言語が異なっても、家族になれる。
自身がシェア生活を行う中で感じてきたこの感覚を、本来のシェアハウスの価値として色んな人に
知ってもらいたいとゆうとは語る。

ー絆家シェアハウスの運営チームとして、どんなことを行っていますか?

1番は各ハウスのコミュニティ形成の一助です。コミュニティ作りのきっかけになるような
ごはん会の開催や、家族会議(fammilyDay)の設定など。

あと自分は、外国の子たちにもっとこの場を知ってもらいたい・そして日本での暮らしの支援やサポートを
行っていきたい想いが強いので、語学学校や留学エージェントなどの営業などを通して
この場をより多くの人へ知ってもらう広げる役割を担っています。

あとは具体的なことを言うと新しいファミリーの内覧等の窓口。
とにかく人と会うこと、話すことが多いです。
内覧やハウスイベント等、何かのご縁でお会いした時は、ぜひ色んなことをお話しましょう!

代表・平岡の想いに共感し気がついたら会いにいってた行動派

19905119_1405020569574744_8030239105511722839_n

元々、人と関わることが好きでホテルサービスの仕事をしていました。
その後、フィリピン留学に行き大型国際交流シェアハウスへ入居者として入居。

そこでの暮らしは、自分の心の中に何か暖かいものが流れる瞬間でした。

その後、住んでいたハウスで声をかけていただき、マネージャーとして務めることに。
もっと自分の可能性を広げたいと思ったタイミングで
絆家シェアハウスの代表平岡の存在を知りました。同じ想いでシェアハウス事業を広げている人が
居ることに驚き、すぐに会いたい旨の連絡を送っていましたね。

「絆家シェアハウスが掲げる、シェアハウスの本来の価値である「ハウスコミュニティ」って、
一見業界の運営側立場では扱いたくない部分だと思うんです。

ハウスの住民同士のトラブル回避や、クレーム予防のために
共有部分を無くしたり、なるべく接点がないようなハードを用意しているシェアハウスもあります。
住居の提供以上に、シェアハウスでしか味わえない経験や体験に重きを置いて価値を提供している
シェアハウス運営ってすごく珍しいなと思っていて。

そんな業界においても珍しいコミュニティ部分を価値としている
『第二の家族を作る』がコンセプトの絆家の想いに深く共感しました。

ハウスコミュニティを価値とするには
目には見えない分かりづらいものなので、実際入居していない方々にその魅力を伝えることは
とても難しいことだと思っています。
それでも絆家では、試行錯誤しながらコミュニティの価値を追求しています。

「賃料が安いから」「家具がついてるから」などのハード面での価値ではなく、
そこに住む『人』に価値を置き、
ただ家を提供するのではなく、一生ものの『経験』を提供しているのが、
絆家シェアハウスの魅力だと思っています。

みんなとごはんを食べる時間が好き。食べる量は人の3倍!

19510338_1878922135703596_3569511661002429504_n

21732955_10155005063425208_502324633_n

時に笑い合い、時に真剣に語り、時に怒られる。
ハウスファミリーとゆうとはそんな関係。運営や入居者などの言葉関係なく、暖かい絆で繋がった関係性がそこにはある。

なんとなく自分の周りの温度が1度あがるような、そんな暖かさを作るのがとても上手なゆうと。
そんな温度のあがるハウス体験を、ここで体験してみてほしい。

きっと、癖になってしまうかも。

絆家インターナショナルプロジェクト、始動します

「世界中に家族を作る」
ー絆家シェアハウスが2017年に新しくチャレンジする、インターナショナルプロジェクト。
大阪をスタートに、東京にも拠点が出来、新しく外国のファミリーの日本での生活を応援するシェアハウスプロジェクトが始まる。

こちらは2017年11月から始動予定。
乞うご期待の上、少しでも興味のある方は絆家シェアハウス問い合わせページよりお問い合わせください。

きっと大きな笑顔と思いっきりのハグで、ゆうとが迎え入れてくれるはず。

★ハウスの雰囲気を覗いてみたい方はこちらから★

21984333_2043847339171770_1405749019_n19905119_1405020569574744_8030239105511722839_n

PROFILE

絆人マネージャー 久保 ゆうと

【趣味】

サッカー、温泉、食べること、ハウスメイトとのごはんの時間。

 

【好きなことば】

感謝。炭水化物。

どんな時でもどんな人にも、フランクに愛情もって接する。

しっかりしてみえてよく物を忘れる。無くす。それも愛嬌でカバー。

2017年より絆家シェアハウス運営チームとしてジョイン。世界中に家族を作るを合言葉にシェアする暮らしの価値を広げる。

WordPress Lightbox