東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

(JP) 半年ぶりにtoiroのお料理教室再開!

(JP)  
 
東武練馬toiro、ファミリーアンバサダーこにたんより。
今回は、大人気「まなび場」での様子をお伝えしてくれています。
 
 
ー「まなび場」って?
 
 
絆家では、ファミリーが無料で様々な講座やアクティビティを受けたり参加したりすることができる「まなび場」というサービスを展開しています。
プロのヨガインストラクターによる「リラックスヨガ教室」や、「時短料理教室」、「英会話教室」などプロの講師の方をお呼びするまなび場があり大人気のサービスです。また、「僕、カメラが得意だからちょっとした撮影のコツを伝授する場があったらチャレンジしてみたいな」「私、ダンス得意だけど、教えることにチャレンジしてみたいな!」などの声を受け、ファミリーによる講師チャレンジのまなび場もあります。こちらは絆家ファミリーなら誰でもチャレンジすることができ、講師をしてくれたファミリーには嬉しいギフト券がもらえる特典があります。
 
現在、「オンラインまなび場」が全国のまなび場で展開されており、参加するだけで講座を受講できるだけでなく、他のハウスのファミリーと繋がりをもてるきっかけともなっている絆家の「まなび場」。
 
実際、ハウスで参加してみるとどのような雰囲気なのか、こにたんのレポートをぜひ読んでみてください。
 
 
 
===============

東武練馬toiroでは、ハウスの大きなキッチンを使って月に一度お料理教室を開いていましたが、昨今流行しているコロナウィルスの影響で半年以上の間お休みしていました。
 
そのお料理教室が10月からやっと再開!
ファミリーからは「再開嬉しいです!」「楽しみにしてます~~!!」の声。
秋の味覚をたっぷり味わえるお料理教室がまた開かれました。
 
 

(JP) 先生はプロの料理研究家

(JP)  
 
講師はコロナ流行前から毎月お料理教室を開いてくださっていたプロの料理研究家、梶川瞳恵先生。
「目の前の人を健康にする食事を伝えていきたい」という想いから、ご飯会、食育講座、ファスティング講座、料理教室を開催したり、出張料理を提供。
学んできた食の本質的な情報、振る舞ってきた料理、健康的に生きる考え方を集約させた、“食を整えて生き方を整える「ひとえすとらんスクール」”を開校するなど、今までに多くの人においしい料理やおいしい料理を作るための知識や技術を伝えてきた先生が自宅でファミリーに料理を教えてくださいます。
 
ファミリーは材料費だけでおいしいごはんの作り方を学び、おいしいご飯をみんなで味わえる料理教室に参加することができます。
 
メニューはさつまいもと豚肩ロースの甘辛炒め、鮭ときのこの炊き込みご飯、カブと油揚げのお味噌汁。
サツマイモに鮭にキノコにと秋の味覚が盛りだくさんです。
 
 
40443
 
 
固くて切りにくいさつまいもを安全に切る方法を教えていただきながら、参加者のみんなで順番に切りました。
 
 
40444
 
 
油揚げを湯抜きする目的は「味をしみこみやすくするため」と「古い油を落とすため」。
普段何気なくやっている料理の工程の目的を丁寧に解説してもらえます。
 
油揚げを切るときはキッチンばさみを使うことでまな板を洗う手間が省けて時短になるなど、いつもの料理を少し楽にしてくれるヒントのおかげで料理に対するハードルが低くなり、「料理を作ってみようかな」という気持ちになれますね。
 
 
40445
 
 
ファミリーからは「さつまいもとお肉を合わせる発想がなかった!」との声。
長年お料理と向き合ってきたプロの方に教えてもらうことで、新しい美味しさに出会うことができます。
 
 
40446
 
 
今日は炊き込みご飯の味がしっかりしているので、味噌汁の味は薄めにすることで献立全体のバランスを整えます。
 
ファミリーには気配り上手が多いです。
自然と先生が使った食器や調理器具はすかさず誰かが洗ってくれるので、キッチンは常にきれいなまま料理教室が進んでいきます。
 
 
40447
 
 
だしを取りながら、ご飯を炊きながら、材料を切ったり炒めたりすることで、教えてもらいながらにもかかわらずなんと1時間で3品のメニューが完成しました。
材料を切るのも食器を片付けるのも鮭をほぐすのもみんなで一緒。
人手が多い分、料理を教えてもらいながらでも出来上がるのはあっという間です。
 
 
40448
 
 
ごはんが出来上がったそばからみんなごはんの写真を一斉に取り始めます。
写真も撮りたいけど目の前にごちそうが並んでるのでもう食べたい気持ちを我慢できません。
早く椅子に座ってみんなでいただきますをしましょう。
 
 

(JP) バターのせ炊き込みご飯の美味しさに感動

(JP)  
 
さぁ待ちに待ったいただきますの時間。
さつまいもと豚肩ロースの甘辛炒めはあまじょっぱい味付けの豚肉と甘くてホクホクのさつまいもを一緒に口の中に入れて味わうことで味と食感のコントラストを楽しむことができ、しっかり味がついているのでごはんとよく合います。
あまりにも簡単なのにとてもおいしいので参加したファミリーも「これまたすぐ作る!」と宣言しています。
 
 
40450
 
 
秋の味覚を炊飯器に詰め込んで炊き込んだ鮭ときのこの炊き込みご飯は、絶品のバターをのせていただきます。
炊き込みご飯だけでも十分おいしいですが、バターをのせることで格段に美味しさが増すので参加したファミリーみんなでおかわりしてたくさん味わいました。
 
 

(JP) ごはん会のごはんもレベルアップ

(JP)  
 
おいしいご飯を囲みながら、以前の料理教室で作ったシューマイを普段のごはん会でも作ったことが話題になりました。
毎回レシピが書かれた紙を用意してもらえるので、今日作った料理はいつでも何度でもまた楽しむことができます。
瞳恵先生の料理教室は始まってから2年ぐらいになるので今までに参加してきたファミリーの料理の腕も自然とレベルアップ。
その料理の腕はごはん会で披露され、ごはん会のごはんがさらに美味しくなっています。
 
 
40452
 
 
みんなでご飯を食べ終えるとあっという間に先生の帰る時間。
毎回みんなで帰る先生をお見送りします。
 
 

(JP) これからもずっと続きますように

(JP)  
 
旬の食材をとびきり美味しくする料理をみんなで学び、みんなで絶品の料理を食べられる料理教室がやっと再開し、ファミリーにとっての毎月の楽しみがまた一つ復活しました。
また来月も、そしてこれからもずっと毎月料理教室でみんなと料理ができますように。
 
 

ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox