東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

(JP) まるで絵本の中に住んでいるかのようなファンタジー溢れる 「アーティストハウス葛西canvas」の魅力をお届け!

(JP)   
こんにちは!絆家シェアハウスcanvasにアンバサダーとして入居したルカです!今日は私の滞在したシェアハウスcanvasの魅力を大公開。クリエーターやアーティストを志にする皆さん、ぜひご覧ください。それでは、どうぞ!
  

葛西 canvas は「アーティストシェアハウス」というコンセプトのもと、趣味や副業でアートに携わっている人がたくさん住んでいます。そんな canvas のお家には、様々な部分にアートが隠れています。ハウスのコンセプトとして、多くのファンを虜にしているディズニーの空想未来的な世界を参考にしているのだとか。

canvasの主人公は、ウサギのラビー。ラビーが自由に旅をしている様子がハウス全体に描かれています。フロアによっ て、 forest(森)、sea(海)、sky(空)と分かれていて、それぞれの場所で雰囲気が変わりどこへ行っても楽しめるようになっています。
 
 
unnamed-14
 
 
1 階はドミトリーや個室が並んでいて、玄関横にあるドアを開くとそこからは forest(森)の世界です。forest へ続く階段 は芝生のようになっていて、階段をあがるとハウスファミリーが集まるリビングに繋がります。リビングは全体的に暖色を多く取り入れていてあたたかい雰囲気に統一されています。

絆家シェアハウスのシンボルのひとつ、キリンもこのリビングにいます。壁には木や動物たちが描かれておりまさに森を連想させる空間です。リビングにある本棚も canvas の特色の 1 つです。 アート好きが多い canvas の本棚には、デッサンやデザイン本などアートに関する 本が半数以上を占めています。
 
 
この本棚に置いてある本のほとんどが、シェアハウスメンバーが持ち寄った本なんだとか。こちらは自由に読めるようになっていて普段、手に取らないような本を気軽に手にとれて新しいものに出会うことのできるこの環境は、まさにシェアハウスならではの魅力ですね。
 
 
unnamed-13
 
 
 
テレビやキッチンもこのリビングにあるので、 この forest の部屋が人が特に集まる空間となっています。forest の空間からあがるとそこは sea(海)の世界です。Sea に続く階段は、海を連想させる青タイルの柄で統一されており所々に貝殻が飾られています。

ここの壁は海の中の生物が描かれていて、この階段を上るとお部屋やお風呂場につながります。この階にあるお風呂場内も、なんと海を連想させるデザインとなっています。Sea からさらに階段を上ると sky の空間に繋がります。 もちろんこの場所も空を連想させるようなデザインとなっています。
 
 
unnamed-12
 
 
このように、葛西 canvas はアートな空間を楽しむことのできるハウスです。 また、canvas には素敵な趣味を持った人がたくさん住んでいます。漫画やイラストを描いていたり、マーブリングや折り紙アート、ギターなど、それぞれの個性や才能が輝いて いるまさにクリエイティブシェアハウス。
 
 
unnamed-3
 
 
マーブリングとは、水面に垂らした絵具でマーブル模様を作りその模様を紙に写し取るものです。マーブリングをしているシェアメイトに 聞いてみたところ、同じ作品を作ることができず世界に一つだけの作品になることがマ ーブリングの魅力だと話していました。マーブリング用紙を使ったアクセサリーも販売していて私も実際に購入しました。

とても可愛くて、シェアハウス生活での思い出であり宝物になりました。また、canvasのリビングにはいろいろな場所に折り紙アート が飾られています!この折り紙アートもシェアメイトの趣味だそうです。数枚の紙で作り上げてるとは思えないくらい綺麗で思わず目を引かれます。そんな折り紙アートはリビングのドアノブや机の上や壁など多くの場所に隠れています。

マーブリングの余った 切れ端が折り紙アートで新しい作品に変化していたり、ここ canvasには、才能あふれる天才しか住んでいないのかな?と思うほどシェアメイトの才能が輝いています。
 
 
unnamed-2
 
 
その他にも、canvas にはこのシェアハウスならではのカレンダー文化が存在します。canvasリビングにあるカレンダーは、半面が白紙になっており、その部分に毎月誰かが絵を描いているのです!漫画風のデザインの月もあれば、おしゃれなイラストやシックなイラストの月もあり、シェアメイトの個性が詰まっているカレンダーになっています。年最後の12月にはシェアメイトそれぞれが自分の自画像を描くことで家族写真のようになるそうです。

シェアハウスのいろんなところでシェアメイトの個性が輝いていて本当に素敵な環境だと日々感じています。 また年齢層が幅広いので、それぞれいろんな経験をしている人がいて、話を聞くだけでもとても刺激的で面白いのです
 
 
unnamed
 
  

年齢や国籍が違えど、皆が家族でお互いのことを尊重しあう関係性が自然と生まれています。お互い好きなことや頑張っていることを認め合い、楽しんでいる様子が日常で感じれるのです。

干渉しすぎず自分のペースで生活している人が多いので、シェアハウスにすまないと出会うことがなかったであろう人たちと出会い、皆の趣味や考え方に触れることで自分自身の選択が広がるのです。何か作品を作り出したい人やアートな空間に触れたい人にとてもおすすめです。

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox