(JP) 幸せはすぐそばに!in tabicco

(JP) 今年ももうあと少し。
会社からの帰り道も、とても寒くなって来ました。

そんな寒い冬の帰り道ですが、私は毎日tabiccoに帰るのが楽しみで幸せでなりません。
なぜ、そんなに帰るのが楽しみで幸せなのか?
今日はtabiccoでのとある一日を切り取ってみたいと思います。

(JP) 私の幸せポイント①「帰宅時」

(JP) コミュニティシェアハウス
会社からの帰り道。tabiccoの扉を開けて、リビングに入ると人がいる暖かな空間が広がっています。
凍える寒さから温もりの中に入った際の第一声は「ただいまー!」
みんなから「おかえりー」の声をもらうと「今日も自分の大好きな人たちのもとに帰ってこれたなぁ」と心がほっこりします。

(JP) 私の幸せポイント②「ごはん」

(JP) コミュニティシェアハウス

今日の晩御飯は私の大好きなオムライス!ただのオムライスではなく、夢の3キロごえ、巨大オムライス作りにチャレンジです。
顔より大きなオムライスの出来上がり!みんなで「いただきます」と共に、一斉にオムライスの山を崩していきます。みんなで食べれば3キロもあっという間に完食。
自分のやりたいことを叶えてくれるのが、tabiccoファミリーのメンバーです。
後日他のファミリーから「なっちゃんと一緒に食べるために、お腹空いてたけど我慢して待ってたんだよ。」という話を聞き、ニヤけてしまいました。
ごはんを一緒に囲めるのは幸せなことです。

(JP) 私の幸せポイント③「優しさ」

(JP) コミュニティシェアハウス

こたつがでたtabicco。ごはんの後、こたつに入りながら、よくみんなと話しています。あまりの心地よさに、そのまま眠ってしまうこともしばしば。。。
パッと起きると誰かが毛布をかけていてくれたり、机の上に、朝ごはんがのっていたり。
起きた瞬間から誰かの優しさに包まれて1日が始まります。

日常が本当に幸せ。一人暮らしの頃にはなかった楽しみが、優しさが、幸せがtabiccoにはあります。

寒い夜。暖かい家に帰りたくなったらぜひtabiccoへ!
どこの家にも負けない暖かさが広がっていますよ♪

tabiccoに帰るのが毎日楽しみでならない、なつきがお送りしました♪

旅する暮らし

ライター紹介
natsuki
natsuki

ニックネームはなっちゃん。大阪tabiccoハウスファミリー。
趣味は研究と旅とカメラと美味しいものを食べ歩くこと。
ハウスファミリーが作ってくれたごはんと誰かと笑ってる時間が大好き。
シェアハウスでは、笑顔が光るお母さん的な存在。

WordPress Lightbox