東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

(JP) 【徹底比較】シェアハウスとルームシェアの違いとは?メリットやデメリットも解説します

(JP) これから共同生活しようとしている方や、共同生活に興味を持っている方に向けて、シェアハウスとルームシェアの違いについて解説していきます。
 

シェアハウスやルームシェアの名称は聞いたことがあっても、実際にどんな違いがあるのか気になりますよね。今まで一人暮らしをしていた方にとっては、どんな生活スタイルなのか想像がつきにくいものです。 そこで、本記事では主に下記の内容について解説していきます。
 
 
・シェアハウスとルームシェアの違い
・シェアハウスとルームシェアのメリットやデメリット
・シェアハウスに向いている人の特徴
・管理会社による生活ルールの違いについて これから共同生活を始めようという方はもちろん、シェアハウスとルームシェア間の転居を考えている方にも知って欲しい内容です。
 
 
 
では早速、シェアハウスとルームシェアの違いからみていきましょう。

(JP) シェアハウスとルームシェアの違いとは

(JP) シェアハウスとルームシェアには、下記のような違いがあります。 ・管理方法 ・入居者の人間関係 ・入居者の人数やハウスの規模 ・退去方法 これらの違いは、それぞれのハウスで異なる特徴を持っていることが要因です。シェアハウスとルームシェアの特徴とは、次のようなものがあります。 〈シェアハウス〉 複数人で物件を共同使用 〈ルームシェア〉 複数人で一室を共同使用 その名の通り、「家」を共同で使うのか、「部屋」を共同で使うのか、の違いで呼び名が異なります。まずは前提条件として覚えておきましょう。 この特徴を念頭に置いて、それぞれの違いを詳しく解説していきます。 管理会社や運営者の違い シェアハウスとルームシェアの一つ目の違いは、ハウスを運営する管理会社や運営者が異なることです。 ルームシェアは個人で賃貸契約して、複数人で共同生活を送る契約形態が一般的。一方でシェアハウスは、管理会社や個人の運営者がハウスを管理しています。 つまり、代理店を通して個人で賃貸契約を結ぶか、管理会社と直接契約を結ぶかの違いが発生します。 メリットやデメリットは後述しますが、契約形態が異なることから、どちらの生活を選択するのか好みが別れるところです。 入居者の人間関係 シェアハウスとルームシェアの二つ目の違いは、入居者の人間関係。 シェアハウスとルームシェアでは、入居する人の関係性が異なります。 ・シェアハウス ・ルームシェア ・様々な価値観を持つファミリー ・友人・知人など シェアハウスは、ハウスにどんな人が入居してくるのか、あらかじめ把握することはできません。また、入居期間も様々です。年単位住んでいるファミリーがいれば、数ヶ月の短期契約のファミリーもいらっしゃいます。 一方でルームシェアの場合、友人や知人など、信頼できる関係性の仲間内で入居するケースが多く見られます。信頼関係をあらかじめ築いた状態で生活をスタートさせたい時は、ルームシェアが好まれる傾向です。 入居者の人数や規模の違い シェアハウスとルームシェアの三つ目の違いは、入居者の人数やハウスの規模の違い。 シェアハウスの中にも様々な規模のハウスが存在しますが、相対的にシェアハウスの方が大人数のファミリーと共同生活を楽しめます。 ・戸建てのシェアハウス ・マンションを借り上げた大規模シェアハウス ・古民家シェアハウス 上記のように様々なコンセプトのシェアハウスがあるので、どのシェアハウスを選ぶのかによっても、生活スタイルは異なってきます。また、シェアハウスの運営会社によっては、複数のシェアハウスを運営しているところもあるので、規模も様々。 一方で、ルームシェアの場合は、最大で入居者3〜4人程度の規模感です。個人で賃貸契約を結ぶので、シェアハウスのような、管理会社による規模の違いは発生しません。 様々なファミリーとの出会いを楽しみたい場合は、シェアハウス。仲間内で生活を楽しみたい場合は、ルームシェアを選ぶといいでしょう。 退去方法の違い シェアハウスとルームシェアの四つ目の違いは、退去方法。 気に入ったハウスに入居したとしても、仕事の都合や結婚を機にハウスの退去を検討する時期がきますよね。退去のタイミングを迎えた際に、シェアハウスとルームシェアでは、退去方法が異なってきます。 まずは、シェアハウスの場合。シェアハウスは、管理会社などの運営者と直接契約なので、退去時は解約する旨を運営に伝えて退去できます。一人退去すれば、再び入居者を募集して、新たなファミリーを迎え入れることになるでしょう。 一方で、ルームシェアの場合は、身内で契約しているため、募集をかけて新たな入居者を募るのは難しいのが現実です。一人の退去に合わせて、ルームシェアしていた物件を解約しなければならない場合も。入居を希望する友人がいれば、管理会社と新たに契約を結び、継続して同じ賃貸物件に住み続けることもできるでしょう。しかし、ルームシェアは、あらかじめ誰と住むのか決めてから入居するので、すぐに次の入居者を見つけることは困難です。 上記の特徴から、身軽にハウスを移動したい、という方にはシェアハウスをおすすめします。

(JP) ルームシェアのメリット・デメリット

(JP) ここからは、ルームシェアとシェアハウスそれぞれの、メリットやデメリットを解説していきます。 異なる特徴を持つからこそ、個人の趣向によって、向き不向きがあるといえます。入居してから、「イメージと違う」とギャップを感じることが無いように、それぞれの良い面も悪い面も把握しておきましょう。 まずは、ルームシェアのメリットから紹介していきます。 ルームシェアするメリット ルームシェアの場合、次のようなメリットが挙げられます。 ・入居する人を選べる ・初期費用を抑えられる ・好みの物件を選べる ・入居者でハウスルールを決められる ルームシェアする場合の、最も大きなメリットは、選択の自由度。管理人がいない為、入居者や物件、さらにはハウス内のルールを入居者同士で決められます。自分達の生活スタイルで、自由に過ごしたいといった方にとっては、適しているでしょう。 そして、家賃も入居者同士の予算次第。もちろん、あらかじめ家賃の支払いに関して取り決め、均等に分割して支払う必要があります。しかし、物件の家賃相場を仲間内で相談して決められるのも、ルームシェアの利点の一つ。家賃を安く抑えたいか、設備や立地を重視するのかで、入居する物件を選択できます。 どの物件に入居するのか、好みにあった物件を選べるのも、ルームシェアのメリットといえますね。 ルームシェアするデメリット ルームシェアには、外部の管理がないからこそのデメリットが存在します。 ルームシェアの主なメリットは、次の二つ。 ルームシェア向けの物件がなかなか見つからない トラブルの解決を入居者で行う必要がある まず、全ての物件がルームシェアできる、というわけではありません。ルームシェアするにあたって、事前に代理店に申請が必要になることを覚えておきましょう。そして、物件によっては、入居者間のトラブル防止の為にルームシェアを禁止している物件も。 ルームシェアでは、家賃の支払いに関するトラブルや、入居者間のすれ違いから発生するトラブルが起こりかねません。そういったトラブルが発生した場合でも、管理者がいない為、自分達で問題を解決する必要があります。 「もしトラブルが起きてしまったらどうしよう」といった懸念から、ルームシェアを避ける方もいらっしゃいます。賃貸業者からしても、ルームシェアでのトラブルは避けたいものです。

(JP) シェアハウスのメリット・デメリット

(JP) 管理者が存在するシェアハウスにも、メリットとデメリットが存在します。 シェアハウスではルームシェアと違って、管理者によってルールが定められ、窮屈に感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、シェハウスには、管理されているからこそのメリットがあります。 ご自身の好みと照らし合わせて、シェアハウスとルームシェアのどちらが自分に合っているか、比較してみてくださいね。 シェアハウスに住むメリット シェアハウスのメリットは、大きく分けて三つ。 ・家具や共用備品が備え付け ・管理会社や運営者の管理によってトラブルを防止できる ・多くの人と出会える ルームシェアでは、賃貸物件を共有できますが、基本的に家具や備品を一から揃える必要があります。たとえ初期費用を抑えられても、家具や備品を揃えているうちに、費用がかさんでしまうことも。 シェアハウスなら、生活に必要な、最低限の家具や共有備品が備え付けになっています。個室のシェアハウスの場合は、ご自身で家具を買い足す場合もありますが、ドミトリータイプのシェアハウスなら大きな出費はありません。 さらに、運営者との距離が近いことも、シェアハウスに住むメリットです。入居者間のトラブルが発生した際に、気軽に運営者に相談できます。また、運営者によってルールが定められているからこそ、未然にトラブルを防止することが可能です。 そして、ファミリーとの出会いがシェアハウスの醍醐味。異なった価値観を持ったファミリーと生活を共にできるのが、シェアハウスの最大のメリットです。実際にシェアハウスに住んでみると、様々な年代、様々な業種のファミリーとの繋がりを求めてシェアハウスに入居する方が多い印象です。 シェアハウスに住むデメリット シェアハウスはルームシェアと比べて規模が大きい為、下記のようなデメリットを感じることも。 ・シェアハウス内でのトラブル ・他人の目が気になる 生活する人数が多いと、ファミリー間のトラブルは避けられないものです。しかし、先ほど解説したように管理者が仲裁に入ってくれるので、最適な問題解決方法を見い出せるでしょう。 また、共有スペースが多いので、「周りの目が気になる」という方もいらっしゃいます。確かに、シェアハウスの生活に慣れるまでは、肩身が狭く感じることもあるでしょう。しかし、慣れてしまえば居心地の良い空間になってきます。毎日ファミリーとの団欒を楽しめる生活は、きっとクセになりますよ。

(JP) 人との繋がりを大切にしたい方にはシェアハウスがおすすめ

(JP) もし、あなたが「ファミリーとの繋がりを大切にしたい」と感じるなら、シェアハウスがおすすめです。 私が実際に、シェアハウスとルームシェアで生活してみた感想を下記にまとめます。 〈シェアハウス〉 ・寂しいと感じる時間が少ない ・悩みをファミリーに相談できる ・様々な価値観に触れられる ・人に優しくできるようになった 〈ルームシェア〉 ・自分のペースで生活できる ・自分一人の時間が多い ・お互いに干渉しすぎない ・生活ルールの設定が困難 私の場合、シェアハウスとルームシェアでの生活を振り返ってみると、シェアハウスの方がメリットに感じる点が多かったです。 何より、ファミリーと同じ空間で生活を共にし、生活を楽しむことが何よりのメリットに感じました。 個人の価値観による部分も大きいですが、人との繋がりを大切にしたい方には、シェアハウスがおすすめです。

(JP) 管理会社によってシェアハウスのルールが異なる

(JP) 最後に、シェアハウス選びにおいて注意するべき点をお伝えします。 それは、シェアハウスの管理会社によって、ハウスの雰囲気が異なること。シェアハウスの運営会社によっては、入居後のサポートが整っていない場合もあります。 ・家賃の支払い ・入居者間のトラブル解決 ・退去の相談 など、基礎的なサポートだけでは、心地の良い空間作りは難しいものです。 シェアハウスのファミリー全員が、ストレス無く毎日の生活を楽しむ為には、ファミリー間での協力が不可欠です。同じ屋根の下で暮らす家族のような関係性のように、シェアハウスでもファミリー間の関係性を大切にしていくことが、居心地の良い空間作りに繋がります。 そんな時に、運営側のサポートがあったら心強いですよね。シェアハウスの運営者によって、ハウスの雰囲気が左右されることもあるので、入居前に運営者との相性を確かめておきましょう。

(JP) コミュニティ型シェアハウスで快適な共同生活を送ろう

(JP) シェアハウスでの生活は、ルールで厳しく縛られるものではなく、ファミリー同士で快適な生活を作っていけたら理想ですよね。 そのためには、ファミリー同士が気になる点を伝えあって、快適な空間を作っていける文化作りが大切です。それでも、一からシェアハウス内に、全ファミリー共通の文化を構築するのは難しいもの。 そんな理想のシェアハウス生活を実現する為に、絆家シェアハウスでは、入居者間同士で居心地の良いコミュニティを育む仕組みを作っています。 ぜひ一度、絆家シェアハウスのホームページを覗いてみてくださいね。 ようこそ、絆家シェアハウスへ!大切にしたいコンセプトへの想い

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox