airi
24775087_2077331559156681_2507840710252058258_n
嬉しいことは掛け算・悲しいことは割り算
 
 
 

 
絆家シェアハウスに、入居申し込みとまた別の問い合わせがきた。
「ここで働くことに興味があります。一度お会いできませんか?」
 
そんな勇気のある連絡をくれたのが、あいり。
ホームページを見て、代表の平岡へ直接連絡をくれた。
タイミングよく会う日程が決まり、会ってその素敵な笑顔に魅力された代表平岡ゆうとは、ちょうどタイミングよくオープニンされた絆家シェアハウスで、生活をしてみないかと提案。直感で飛び込んでくれたあいりはそのままオープニングメンバーとして入居・その3ヶ月後にハウスのコミュニティマネージャー(※1)としてチャレンジし、活躍している。
 

 
ーどんな想いでコミュニティマネージャーを担っていますか?
 

ーairi
私にとってハウスファミリーは私の人生ごと支えてもらっている存在です。絆家シェアハウスへ引っ越して来て、私はみんなからたくさんのものをもらってばかりでした。何よりも私がファミリーのことが大好きで、みんなにこの感謝を「愛」で少しずつ返したいと思い、コミュニティマネージャーになりました。ハウスに住んでいる素敵なファミリーの一人一人がシェアハウスのコミュニティを温めています。私ができることは、何も変わらないありのままの自分でいること、それくらいかなぁと思っています…ただ、誰も「寂しさ」を感じない場所であってほしいこと、何気無い一人の言動や仕草に気づき、手をさしのべることができるような存在になりたいと、まだまだそんな自分にはほど遠いですが頑張っています!
 

 
29541464_766798600180279_8482042100774590992_n
 
▲新しいファミリーの入居をお祝いするあいりと、ハウスファミリーの皆。
新しいファミリーをみんなでBigウェルカムする。これは、絆家の文化だ。誰でも新しい場所は緊張する。そんな緊張をほぐすのは、とびきりの笑顔。とびきり笑顔のファミリーの中でも、あいりの歓迎の笑顔は特に目立つ。
それはきっと、ここで暮らすファミリーが寂しさを感じないようにと、気遣うあいりの想いがあるからなのだと、思う。
 

 

ー絆家シェアハウスで一番すきな瞬間を教えてください。
 

ーairi
ひとつめは、家に帰ってきて、「おかえり~!」の声が聞こえる瞬間。
下の写真は、みんなの「おかえり」の写真です。
疲れて帰ってきた時、みんなが暖かい笑顔で声をかけてくれる。わたしはこの瞬間が大好きです。
 

29391734_1855386131202572_328152146_o
 
 
29250481_1855386137869238_3257380_o
 
 
29250380_1855386147869237_1048197625_o
 
 
 

二つ目は、ありのままで居られる安心できる場所に帰ってきてホッとする時間。私自身、外にいる自分と家にいる自分とがぜんぜん違うタイプなので、オフな自分に切り替わる私を受け止めてくれるこの空間は、とびきり嬉しくて大切な時間です。
何か良いことがあった日はルンルンで「ただいま~!」って、今日あったハッピーな事を共有し、一緒に喜んでくれる人がいて、何か悲しいことがあっても、「何かあった?」と声をかけて相談に乗ってくれる人がいる。私の気持ちは「嬉しいこと」×「ファミリーの人数」、「悲しいこと」÷「ファミリーの人数」になっているなぁと実感します。

 
fullsizerender-7
 
▲屋上はファミリーみんなでのDIY!ここで朝ごはんをしたり、ハンモックで揺られたりと、ファミリーと集うお気に入りスポットに。
 
24796439_2077331485823355_5636614100009636676_n
 
▲みんなで公園へ。アクティブファミリーが多いあいりのハウスでは、よくみんなで出かける。何もない公園でも、心地よいファミリーと一緒だとなんでも面白い。どんな場所に行くかよりも、どんな人たちと行くか。そんな言葉がとっても似合う、良い関係性。
 

 

ただ楽しいだけじゃない、深める時間があって、それは自分の成長になる
 

あいりの暮らすハウスでは、毎月1度のファミリーdayが開催される。
毎日の日常で会うファミリーと、外に出て1泊2日で過ごす、大切な時間。この時間をファミリーdayと呼び、いつもとは違う場所でみんなと過ごすことで、みんながもう一歩深まるきっかけになる旅行をテーマに、毎月ファミリー交代で旅行を企画。
 
あいりが絆家シェアハウスで一番印象に残っているのは、このファミリーday。 
 
29511647_10155469470150208_1748880772217313151_n
 

▲ある時は、温泉へ。
 
27331698_945751005575034_5726146312142797038_n
 
 
▲そしてまたある時は、遊園地へ。(お化け屋敷前で本気のポーズをとる、ファミリー一同)

ーairi
hugファミリーで旅行に出掛けた夜、みんなで語り合ったことは何より心に残っています。
日常でももちろん、みんなで相談などしあえる関係性ではあるのですが、
みんなで宿に泊まり、いつもと違う場所にいることで、話す内容や雰囲気は違うものがありました。
 
 
ある一人の「ファミリーを命をかけて守りたい」という言葉に、私は衝撃を受けました。血縁関係があるわけでもない人にそんなこと言えない、思えないとずっと思っていました。でもこの言葉で、私の「人を信頼する」幅や枠がいっきに広がった気がします。普段はすぐふざけてしまって真面目な話が苦手な私も自分をさらけ出し、「第二の家族」という絆家のコンセプトを本当の意味で感じて、不思議な気持ちになりました。と共に、ファミリーの普段は見えない新たな一面をみてさらに愛おしく思う、幸せな気持ちになりました。
 
24775087_2077331559156681_2507840710252058258_n
 
29694441_1656367261106739_3344432701010844679_n
 
▲ファミリーと、とびきりの笑顔で笑うあいり。ただ楽しいだけではなく、そこには信頼関係がある。ファミリーと一緒に過ごすことで、何度も重ねられた対話があってはじめて安心して素の笑顔になれる。
 
絆家ファミリーはみんな笑顔がとびきり。
それはきっと、対話で生まれるお互いの信頼関係が口元を緩ませるのかも。

 

まずは飛び込んで!ここは自分次第で、人生が変わる場所
 
 
 

ー絆家シェアハウスは、どんな人におすすめですか?
 
 
ーairi
私自身もそうだったのですが、まず寂しがりやの人!絆家にはぴったりだと思います。
地方から出てきて、知り合いがまだあまりいないなあ、つながりを作りたいなあと思っている人にもぴったり。
寂しがりやの人好きが集まる場所なので、みんなBigウェルカムで迎えてくれます。
もちろん、ビックウェルカムで迎えてもらった後は、自分が新しいファミリーを迎え入れる側。嬉しい気持ちを自分で止めず、循環させていくことも大切です。
 
 
 
ー未来のファミリーへ一言ください
 
ーairi
はじめ飛び込むには勇気がいりますが、ジョインしてみるとそんな不安も吹っ飛ぶくらいの暖かな笑顔の家族が待っています。
自分を変える、新しい生活に飛び込んでみたいと思っている方、一緒に第二の家族の存在を体感しましょう!

 

 
(※1 コミュニティマネージャー)
各ハウスごとに在住。主に絆家シェアハウスのコミュニティ作りを担う人物で、ハウスファミリーと一緒に、どうしたらみんなで居心地の良いコミュニティが作れるかを考える、ハウスのお母さん的役割の人物。

 
29694441_1656367261106739_3344432701010844679_n 29541464_766798600180279_8482042100774590992_n

PROFILE

コミュニティマネージャー 長濱愛莉
 

ニックネーム あいり
好きな食べ物 全ての中華料理
趣味 旅
 

ハウスファミリーを愛で包み込む、表情豊かなコミュニティマネージャー。
元気いっぱいのその独自のキャラクターで周りのファミリーを笑顔にする。
ハウスに来た全ての人をだれよりもBigウェルカムで迎え入れてくれる、ママ的存在。

ピックアップ

WordPress Lightbox