東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

どんな時も、いつもそばに

83615013_2996480763695674_5239433778371231744_o

雪降る、センター試験当日。緊張した面持ちの受験生たちとすれ違う。

「高校生の時は、人生で受験以上に苦しいことなんてないって思ってたな。。。」なんてことを思いながら雪の中を歩いていく。

変化ある社会といつも通りの我が家

受験より、社会人になってからの方が壁は厚くて高い。
想定外のことが日常茶飯事で、半沢直樹のようなドラマに巻き込まれることだってある。
会社でどんなことがあったって、家の扉を開ければ、そこはいつも通りの我が家だ。

何事もなかったかのように暖かな空間が広がっている。
素敵な人たちが集うその空間は、ただそこにいるだけでとても安心する。
特別なことは何もいらない。

大学入学、新社会人、転勤。。。この春に新たな道を歩み始める人も多くいるだろう。
新しい場所での、新しい生活。ドキドキワクワクしているだろうか、それとも不安なのだろうか。

人生を支えてくれる家族がいる家

82774142_2996480817029002_2850550866434326528_o

家を選ぶ際の選択肢の一つとして、シェアハウスを考えてみてはいかがだろうか?

あなたが新たな道を歩む中で躓いたときは支えてくれるし、走り出した際は追い風を吹かせてくれる。

試験に合格して、笑顔で春を迎えられますように。そして最高のキャンパスライフを満喫できますように。
そんなことを願いながら、受験生を見送った。

大学生の時にシェアハウスに出会いたかった、tabiccoのなつきがお送りしました。

旅する暮らし

この記事に関するタグ
ライター紹介
natsuki
natsuki

ニックネームはなっちゃん。大阪tabiccoハウスファミリー。
趣味は研究と旅とカメラと美味しいものを食べ歩くこと。
ハウスファミリーが作ってくれたごはんと誰かと笑ってる時間が大好き。
シェアハウスでは、笑顔が光るお母さん的な存在。

WordPress Lightbox