コミュニティマネージャーとは?

コミュニティシェアハウス

シェアハウスの運営って気になりませんか?

私たちの暮らす絆家シェアハウスは、コミュニケーションをとっても大切にしたコンセプトのシェアハウスです。

一住人からコミュニティマネージャーに

コミュニティシェアハウス

『家族のような人と人とが繋がる、温かいシェアハウスを作りたい』というオーナーの想いに共感を得て、1年前の7月にhitotokiの入居を決めました。

一人暮らしの長かった私は、旅中のゲストハウスで体験したドミトリー生活と旅人との交流が大好きでシェアハウスに興味をもち、コミュニティーを大事にした空間を探し求めてこの絆家シェアハウスに巡り会えました。

そして、hitotokiの第一村人として最初に生活を始めて2ヶ月コミュニティマネージャーというものに声をかけてもらいました。

家と人をつなぎ、コミュニティを育む存在

コミュニティシェアハウス

どんなことをするの?なにがかわるの?と疑問も多いと思いますが、コミュニティーマネージャーは【繋げる人】。家と人を繋いで、運営チームと一緒になって、そのハウスのコミュニティを育むこと。

コミュニティシェアハウス

入居したファミリーが中心になって作っていくもの。
決して管理人ではなく、一住人としてコミュニティを形成する役割。
点と点を線で結ぶように、人と人が関わりあって繋がりが生まれ、コミュニティは育っていくのです。

【人と人を繋ぐ】というテーマをもとにわたしの人生はなりたっていて、そのコンセプトと一致したことが、このシェアハウスに惹かれた一番の理由!
このハウスでの経験を通じて学ぶことが多い、毎日です。

元気をもらえる大好きな人たちとの合宿

コミュニティシェアハウス

先日、わたしは初めてのコミュニティーマネージャー合宿に参加しました。
絆家シェアハウス全ハウスの一人ずつが集まることが出来て、本当に沢山の学びが多い楽しい鎌倉での1泊2日でした。

コミュニティシェアハウス

不思議とこのコミュニティにいると笑顔になる。
絆家シェアハウスの運営しているチームといると元気になる、そんな力があると私は思っています。大好きな人たち。
この仲間にいられてることが今の私にとっては幸せなことだ。

笑顔溢れるシェアハウスをつくる

コミュニティシェアハウス

コミュニティーというものに価値をもち、『人と人の関係性を繋いでいける人』これからも沢山のファミリーの笑顔で溢れる空間をつくっていきたい。

以上、絆家シェアハウスhitotokiのおさやがお届けしました。

本と、旅と、珈琲と。

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox