コミュニケーションDAY!ー前編ー

シェアハウス

(English below)

9月にオープンしたhug-池袋-ですが、
先日初のコミュニケーションDAYを開催しました!
コミュニケーションDAYとは、月に一度ハウスファミリーみんなで過ごす日のことで、
どこへ行くか何をするかは毎回代表者を選んで、
その子が中心となってメンバーのために企画するというもの。
今回は忙しい中、ほとんどのメンバーが予定を空けてくれました。
最初は自然の中でのんびりリラックスして過ごすプランを考えてくれていたのですが、
なんと当日は台風が直撃してしまい考えてくれた計画は今回は諦めることに。
急遽予定を変更し池袋でみんなで過ごすことになったのですが、
結果的にとても充実したものとなりました。

朝起きてすぐみんなと食べる朝ごはん

生春巻き

まずは朝9時頃から準備を始め、みんなで一緒に朝ごはん。

サンドイッチ

サンドイッチ、スープ、生春巻きとコーヒーやラテを楽しみ、
朝からお腹いっぱいで幸せな気持ちに。

シェアハウス

また、朝からみんなで揃って朝食を食べたのも今回が初めてだったので、
朝からみんなの顔が見れてほっこり幸せな気持ちになりました。

協力して挑んだ脱出ゲーム

脱出ゲーム

その後は台風の雨の中移動して、池袋のとあるビルへ向かいました。
少し到着が遅れたこともあり足早に説明を受け、とある部屋へと急ぎ足で連れて行かれました。
そこで今回みんなで楽しんだのは、リアル脱出ゲーム!
いくつかコースを選べるのですが私たちが選んだコースは難易度が高いものだったので、
部屋に案内された後、ほとんどヒントもないままスタート。
戸惑いながらも徐々にコツを掴んでいき時々ヒントをもらいつつ、
最終的に60分弱で無事に脱出することが出来ました。
頭を使ったのでちょっと疲れましたが、とても楽しいひと時でした。

今日の疲れを全部癒すアロマ香るプラネタリウム

プラネタリウム

さて、その後は台風の威力が増す中、プラネタリウムへと移動。
選んだプログラムがアロマを焚いた空間で癒しの音楽とナレーションを楽しむもので、
さっきまでの疲れがすっかり癒されました。
癒されすぎて、途中視界が真っ暗になる(眠る)ことがありましたが、
終わった頃にはすっかり元気になりました。
 
本当に充実した1日だったので、実はまだまだ続きがありますが、今回はここまで。
次回の後編に続きます。

■世界をつなぐ家 hug 池袋

国内留学と国際交流

communication DAY!ーPart 1ー

The hug Ikebukuro sharehouse (opened in September 2017) recently had a communication DAY.
So what is the communication day?
 
Communication DAY is an event that takes place once a month, a day spent together by the sharehouse family. One of the tenants (different member each month) thinks up a plan of the activity starting from when and where the communication DAY will take place to what everyone will be doing.
This time despite the busy schedule most of the housemates created an opening and were able to join.
 
The original plan included a relaxing time out in the nature, but the typhoon made it quite impossible to realize. The plan B did not involve leaving the Ikebukuro area, but turned out to be very fun and fulfilling.
 
The day has started at 9am with the preparations and a breakfast together. Sandwiches, soup and spring rolls, a variety of hot drinks: coffee, latte, etc. It was the first time we had a breakfast all together, so everyone enjoyed it a lot.
 
Further, under the strong rain of the typhoon we made our way to a certain building in Ikebukuro. We arrived a little bit late, so had to quickly receive the instructions to finally be shown into a certain room.
And the location was the real escape room!
One can choose from a number of courses. The one we chose was of quite a high level, went into the room… start.
It was the first escape room experience for most of us, and while it took us some time to figure it out, but having received a couple of hints, we made it out in just under 60min.
A bit tired but satisfied, we left the building to move to the next step of our adventure.
 
So, as the typhoon was getting stronger, we moved on to a planetarium.
Relaxing music, aroma and the soothing atmosphere was meant to take away everyone’s tiredness. Many enjoyed and relaxed so much they actually fell asleep and felt very refreshed when woke up.
 
It was a very fulfilling day, with a lot of activities and we will share with you the rest of it next time.

■hug (EN)

The house that connects the world

この記事に関するタグ
ライター紹介
akiko
akiko

ニックネームはあきちゃん。池袋hugハウスファミリー。
いつも周りを気にかけ、面倒を見てくれる優しいお母さんのような存在。

WordPress Lightbox