東京・大阪のシェアハウス「絆家」 | 東京・大阪でシェアハウスの管理運営

多世代で暮らすとどう育つ?家族シェアハウスの日常をのぞいてみました

  
夏が近づいてきましたね!皆様いかがお過ごしですか?
夏前といえば…たくさんのことが浮かんでくると思いますが、先日柏HASH196ならではの光景が見られたのでお伝えします!

柏HASH196。196というのは日本が承認している世界の国数。そんな世界各国のご飯が食べられる…?!なんていうコンセプトを持つハウスなのですが(詳細はこちら)、もう一つ、とても大きなコンセプトがあります。それは、多様性と暮らす家、多様性の中で子育てする家、というもの。

現在柏HASH196には単身者、カップル、夫婦、お子さんのいる家族、留学生、ワーキングホリデー中、と様々なファミリーが住んでいます。年齢層も、下は1歳から、上は40代まで、本当に様々。年齢や職業、国籍は違えども、第二の家族のように距離が近いのが、絆家シェアハウス。

%e3%81%ab%e3%83%bc%e3%81%aa6%e6%9c%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f1
(これは去年の夏のお誕生会の写真です)

ここで、夏前と言えば…というお話に戻るのですが、この時期の、お子さんのいる家族の一大イベントといえば、なんでしょう?!

答えは、 運動会 です。(このご時世ですが、工夫して開催されました。ありがたいですね。)
お子さんのいるご家族のママから今度の週末運動会があると聞いて、実際に参加する子どもたちより、周りの大人たちの気合が入りました。前日から大人たちはそわそわし、「練習しなくていいの?」なんて声をかけても、「完璧だよ!」と頼もしい返答をする頼もしいキッズたち。

いつも一緒に遊んでいる可愛い可愛いキッズたちの勇姿が見たい!!!「外からなら見に行ってもいいの?」「ぜひぜひ!」「何時から?!」「どの辺が見やすい?!」「特徴は?!」などと必死に確認し合います。仕事などで都合がつかないファミリーからは、グループLINE上で“応援しているよ!”“がんばってね!”などの激励のメッセージが飛び交いました。ついに当日を迎え、演目の時間頃小学校に向かい、総出でキッズたちを探します。(種目別の交代制だったので柵の外とはいえ近隣や保護者の方々のお邪魔にならなくてよかったです。)

%e3%81%ab%e3%83%bc%e3%81%aa6%e6%9c%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f2

「あー!いたー!!」「どれどれ?見えない!」「ほら今下向いてる!!」「どこー!?」と本当に必死にキッズの姿を探し、演目が始まると目を奪われ「すげー!」「かっこいいね〜」「あー泣きそう」なんて言いながらキッズの勇姿を無事に見守ることができました。もちろん血がつながっている家族、ではないけれど、毎日ハウスで顔を合わせ、遊んだり、見守ったり、時に叱ったり、癒されたりしている間柄の私たち。
 
 
数ヶ月も一緒に住めば、もう、家族も同然。一生懸命なキッズたちの姿に心打たれ、私も親戚のおばちゃん気分で泣きそうになってしまいました。

 
%e3%81%ab%e3%83%bc%e3%81%aa6%e6%9c%88%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f3

 
帰宅するとそれぞれが撮影したビデオや写真がグループLINE上でシェアされ、ほっこり。お昼になるとキッズのママが「見にきてくれてありがとう!運動会のお弁当、お家だけどみんなで食べたい!」と張り切ってご飯を作ってくれ、みんなに振る舞ってくれました。HASH196には一人っ子のファミリーも多く“兄弟がいたらこんな感じだっただろうな〜”“なんかいいなあ”なんて大家族気分に嬉しい気持ちになるファミリーも多かったです。これぞ“多様性の中で子育てする家”、だなあと実感した出来事でした。

第二の家族を作るシェアハウス

 
大人側目線の話ばっかりじゃないか、当の子どもたちって共同生活楽しんでるの?!なんて疑問も湧くかもしれませんが、私が見ている限り、子どもたちも共同生活を楽しんでいるんじゃないかな、と思います。
 
 
子ども同士はきょうだい?いとこ?ともだち?どれにも当てはまるような、当てはまらないような、そんな関係性の中、いつもみんなでキャッキャと楽しく遊んだり、時にはぶつかって泣いたりもしながら、仲良く暮らしていますよ!子どもたちからしたら、お父さんお母さんお兄ちゃんお姉ちゃんがたくさんできて、日や出来事によって甘える人を変えたりしているようで、それも見ていて微笑ましいです。

%e5%ad%90%e4%be%9b
(4人はみんな違うご家族のお子さん)

こんな姿を実際や、LINEグループに載る写真上で見ながら大人たちはとても癒されています。

柏HASH196のファミリーはみんなとっても優しくて、子ども好きも多く、100人の異なるバックグラウンドのファミリーと言葉通り多様性の中で和気藹々と暮らしています。多様性と暮らす家だけあって、多様性に寛容な人が多いのでしょうか。
これだけの多様な人たちが一緒に過ごす中でもちろん難しいこともありますが、それぞれが大人、子ども、国籍関係なく、お互いを尊重し、認め合ってあっているので、楽しく暮らすことができています。様々な価値観に触れることは人生の勉強にもなりますよ!

この記事に関するタグ
ライター紹介
kizunaya
kizunaya

絆家の広告塔うっちーくん。人好きで、話好き。絆家のいろんなシェアハウスを巡っては、家の様子をブログに上げることが趣味。最近は、東京以外にも大阪にも絆家ファミリーが増えてきてとっても喜んでいる♪

WordPress Lightbox