concept

「シェアハウスは人生の学校」

第二の家族のようなあたたかい絆が
生まれるシェアハウスを実現したい。
そんな想いでスタートした絆家シェアハウス。
「ありがとう」「おかえり」「ただいま」「がんばって」
毎日の生活で温かい言葉が飛び交うシェアハウス。
共同生活を通して深まる第二の“家族”との絆。
絆家は、ただ住居をシェアするだけではなく、
家族のみんなとお互いの人生までもシェアできるような
“ ライフシェア”の形を大切にしています。

movie

movie

絆家が大切にしている6つのこと

絆家が大切にしている6つのこと

  • 「おかえり」「ただいま」のある生活

    「ただいま」「おかえり」「ありがとう」「頑張って」
    絆家のリビングはいつも、そんな温かい言葉がたくさん飛び交っています。一人暮らしでは感じられないリビングのぬくもりや温かさこそ、何より大切にしています。当たり前のように感じる日常が、何より幸せ。ハウスファミリーがそう感じられる空間を大切にしたいと思っています。

  • みんなで「いただきます」する幸せ

    どんなに美味しい食事でも、一人で食べるよりも皆で食べた方が美味しい。絆家では、家族のみんなと一緒にごはんを食べることを大切にしています。月に数回行われるおうちごはんの会では手と手を合わせて「いただきます」をみんなですることを大切にしています。「みんなと食べると、美味しいね。」リビングにはそんな声が溢れています。

  • 「バイバイ」のない関係

    仲の良い友達と一緒に一日遊んで帰る時「バイバイ」するのがちょっぴり寂しかったりします。一人でおうちに帰る時間はなんだかぽっかり。ハウスファミリーとは帰る場所が一緒なので「バイバイ」がありません。楽しい時間を過ごして帰ってきたら一緒に「ただいま」そのまま一緒にお家でごはんをしましょう。そんな関係は心がぽかぽかとっても温かくなります。

  • 違いを受け入れ、認め合う関係

    違う環境で育ってきたハウスメンバーが自分と同じ価値観とは限りません。自分の「当たり前」が他人の「当たり前」では無いこと、距離が近いからこそ、ぶつかる時もたまにはあるかもしれません。そんな時、絆家では家族会議を開きます。家族会議では、言いたいことを思いやりを持って伝えられる場作りをしています。そして、お互いの価値観を受け入れ、認め合うことを大切にしています。

  • 嬉しい日は皆でお祝い

    ハウスファミリーに嬉しいことがあった時は、みんなでお祝いしましょう!お誕生日や就職祝い、試験合格など「嬉しいな」「幸せだな」と思ったことはみんなでシェア。嬉しかったことを一緒に喜べる家族がいることは、人生でとっても幸せなことです。絆家では何かあるたび「おめでとう!」の声と笑い声がリビングに響きます。

  • 一人の夢をみんなで応援

    絆家シェアハウスには、色んな夢を持って集まるファミリーが多いのです。「デザイナーになりたい」「海外で活躍したい」「お笑い芸人になりたい」一人の夢を、ハウスファミリーみんなで応援します。「安心出来る家があるから、外でめいっぱいチャレンジすることができる」絆家は、夢に向かって頑張る家族を全力で応援します。

welcom

welcom
原点はここです

絆家シェアハウスが出来たのは2011年7月。 「家族のような人と人とが繋がる、温かいシェアハウスを作りたい」 発起人「平岡雅史」(通称まーしー)の想いから絆家は始まりました。 5年間、口コミだけで広がり、平均入居率95%をキープしながら、 時に部屋の空き待ちが出ることもある程、たくさんの方に愛されるシェアハウスとなりました。 私たちの大切にする第二の家族コミュニティとは、 『 住む人が自分らしく居られる場所 』 『 大好きな人に大好きと伝えられる場所 』 『 怒りや悲しみも、ちゃんと受け入れてもらえる場所
』 『 お互いの違いを受け入れ合い、真心で繋がりあえる場所 』 そんな思いやりと優しさにあふれる場所です。 私たちは、日本で今後も広がっていくと予想される、“ シェアする暮らし ”の未来を、 『理想の家族コミュニティ作り』という形で リードしていけるシェアハウスにしたいと思っています。

welcom

原点はここです


2011年8月元新聞社の社宅寮から 絆家はスタートしました。
廃墟のようなボロボロの3階建ての家でしたが 色んな人たちの力を借りて掃除をしてペンキを塗り、
棚を取り付け・・・カラフルで明るい家に生まれかわりました。
練馬にあるハウスは、5年契約と決まっていたので
今はなき場所になりますが、絆人の原点となる場所です。
ここでの5年間では、約100人を超える人の人生に近く触れることが出来ました。
お笑い芸人やエンジニア、動画クリエーターから絵本作家、幼稚園の先生、地方就活生、投資家、そして旅人…
年代も様々、色んな職業、経験をもった人が集まる家でした。
特に濃いキャラクターの多い絆家はまるで動物園(笑)
それでも全く違う価値観をお互いに受け入れ、認め合うことを大切に作られる コミュニティは、
とても温かく優しい空間となりました。
ハウスコミュニティは、まるで四季を楽しむように色んな出来事がやっています。
スタートの春の時代から、盛り上がった夏の時代、少し落ち着いた秋の時代
そしてちょっと悲しいことが起きる冬の時代まで
季節が変わるように色んな顔をみせる、まるで生きているような家でした。
最後の卒業パーティーでは、ハウスの壁一面、想い出をいっぱいに。
たくさんの人に愛され、笑顔が溢れたこの場所。
場所は変われど、絆家が大切にしたい想いは変わりません。
人と人の繋がりの中で生まれる 「第二の家族のような温かいコミュニティ」が
もっともっと社会に広がっていくことを、絆家は強く願っています。

募集中
写真
Join us
WordPress Lightbox