yu
13906697_1019309054834791_5958818669930444634_n
「東京は冷たいところ」イメージが変わった出会い

 
 

元々、東京で仕事をしたい!と、
一人東京に出てくることは決めていたんです。
 

それで決めてからは、まずは住居探し。ネットで色々な
シェアハウスのホームページを見ていました。
 

その中でも目に止まったのが
絆家のホームページに載っていた、住民のみんなの笑顔。
 
 

みんなの楽しそうな笑顔に引き寄せられたように
絆家の入居を決めました。
 

入居するまでは、ちょっと心配だった

 
HPを見て、住んでいる人たちの笑顔がとっても素敵で・・・でも、実は入居するまでは
本当に大丈夫かな?第二の家族って?なんてちょっとした不安もありました(笑)
 
 

いざ絆家で住み始めてみて、みんなと暮らしていくうちに
疑心暗鬼だった思いも「本当に家族だ!」ってなりました。
 
%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%8f%e3%82%a6%e6%98%8e%e6%97%a5%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b5%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc
 
▲絆家女子ファミリーと。イベントでPhoto Boothを作った時に、みんなでパシャリ。
 
 
入居前は、「第二の家族」って、どんな感じなんだろう・・とふわっと疑問だったんですが
今では本当に家族みたい!と思える関係に。
 

なんでそう思えたかな?と振り返ってみると、
楽しい時も、悲しい時も、弱音をはく時も、ここで出会うみんなは
どんな自分も、受け入れてくれるんですよね。

そんなところに、家族という暖かさを感じているのかもしれない。

どんな人でも、どんなことでも、まずはその人や出来事を
受け入れることからはいってくれる。

そんなことを体感させてくれるのが「絆家」だと感じています。
 

 
47_large
▲かんぱーい!笑顔のゆーちゃん。絆家シェアハウスにとって、かけがえのないファミリーです。
 

 

あなたにとっての家族とは?
 
 
 
image_xlarge-3

 
 
「第二の家族」ときいて、イメージする関係性は様々。
一人ひとりの家族の定義が異なるからこそ、なんとなくその関係性はイメージしずらいかもしれない。
 
 
絆家シェアハウスがいう、ここでの第二の家族とは
肩書きや性別や国籍などを全てとっぱらって、
素のままの「あなた」と「わたし」で関わりあえる関係性
お互いの違いを受け入れあい、認めあえる関係性
良いときも悪いときも、共に暮らしの中でお互いを育みあえる関係性
 
そしてここに帰ってきたときに、
暖かいリビングとみんなの笑顔が溢れる、そんな家を目指していきたい。
 
 
 
 
ゆーちゃんは、絆家シェアハウスにとって
ここに居るだけでまわりがぽっと優しい気持ちになれるような、そんな存在です。
 

14708377_1087887884643574_3620092164596133891_n_emoxso13906697_1019309054834791_5958818669930444634_n

PROFILE

ハウスファミリー ゆーちゃん
島根県出身・就活を通して絆家と出会う。
入居歴は2017年現在2年目に突入。
元卓球部のスキルを活かして、絆家卓球部を発足。
週末はファミリーと一緒に、卓球へ出掛けたり、ダンススクールに
通うアクティブ女子。
ナチュラルなスタイルでみんなをほっこりさせてくれる、
絆家シェアハウスの癒し系担当。

WordPress Lightbox