第五期就活生 けんけんインタビュー

絆家シェアハウスに就活生として住んでいたけんけん。

 

しっかり者で気配り屋さんのけんけん。

なかなかうまくいかなかった就活も諦めずに、

背中を優しく押してくれるハウスファミリーの力も借りて夢をかなえました。

 

今回は、そんなけんけんに

就活シェアハウスについてのインタビューをしてみました。

-2018年度卒業・第五期就活生 けんけん-

【出身地】大阪府

【趣味】ランニング、お菓子作り

【就職先】IT企業

自分が住んでいるところを想像しやすかった

【絆家シェアハウスへ入居を決めた理由】

Facebookでオーナーの平岡雅史さんの絆家シェアハウスの記事を見たのがきっかけです。

 

コンセプトがはっきりしているし、ホームページを開くとすぐに

「おかえり」や「ただいま」の言葉などから暖かさが伝わるムービーが流れるので

自分が住んでいるところを想像しやすかったので絆家シェアハウスにしました。

 

okashidukuri_zpyxk6
▲就活の合間にもみんなで大好きなお菓子作り。

一人で就活していたらきっと空回りしていた

【実際に入居してみて】

一緒に頑張る就活生と情報共有したり、面接の練習したり、
社会人が多いので他業種のことについてもよく教えてもらいました。

何か悩んでいることがあるとだれかが気にかけてくれます。
周りの人が内定先が何社か決まる中、僕がなかなか内定がもらえず焦っていた時に
ハウスファミリーから

「全然焦らなくていいよ」

「もっと自信もちなよ」

と言ってもらえてから、

落ち着いて面接を受けられるようになり
今まで面接で答えられなかった質問にも自信をもって答えられるようになりました。

そして自分が本当に何をしたいのかが見えてきました。

一人で就活していたらきっと空回りしていたと思います。

 

 

hakoken_ldtkhn
▲数か月の間、一緒に就活を頑張った仲間はこちゃん(写真右)とのツーショット。

「あきらめなければいつか夢は叶う」

【今年の就活生に向けて一言】

就活は一人でやるものではないと思います。
最終的に決めるのは自分だけど一つの業界に絞らずに、
判断材料としていろんな人の意見を聞いて
自分に合う業界を見つけるのが大事です。
ありきたりな言葉かもしれませんが本当に
「あきらめなければいつか夢は叶う」のです。

この記事に関するタグ
ライター紹介
konitan
konitan

シェアハウスtoiroの住民かつシェアハウスアンバサダー。最近、夢の一つだったWEB関連の仕事に転職。読書をこよなく愛し、転職後の勉強も熱心に行っている。定期的に女子が喜ぶような「おしゃれバルごはん会」を開催してくれている。

WordPress Lightbox