reico
13327636_1227341533942948_1457943964209104535_n
まずは自分からワクワクする!
ワクワクの連鎖で居心地の良い場を作りたい

お人形のようなビジュアルなれいちゃんとの出会いは、まだれいちゃんが21歳の頃。
 
仙台から出てきて「自立したい!」と意気込みと共に
当時練馬にあった絆家シェアハウスへやってきた。
 
 
家族が大好きで、仕事の長期休みがとれるたびに実家に里帰りをするれいちゃんは
「一人で暮らすなんて寂しくて耐えられない」「でも自立して一人の立派な大人になる!」と
2つの想いをもって絆家シェアハウスで暮らし5年の歳月が経った。
 
今では立派に自立し、外資コスメ企業の販売職で努めながら
今は絆家シェアハウスの管理運営するハウスでのコミュニティマネージャーとして
ハウスファミリーと一緒にほのぼのと暮らしている。
 

15672513_1425600224117077_1569791679830337778_n
▲2016年のクリスマスパーティーでの一コマ。12月25日が誕生日のれいちゃん、この後
ハウスファミリーからのサプライズが待ち構えていることは知る由も無く・・・。
 

 

コミュニティマネージャーって、どんな存在?

 
 
絆家シェアハウスの運営するハウスには
コミュニティマネージャーが在住しているハウスが多い。
 
「コミュニティマネージャー」とは、あまり聞きなれないワードの為
「それって何ですか?」と聞かれることも多い。
 

時たま聞かれるこの質問を、実際にハウスのコミュニティマネージャーを
担ってくれているれいちゃんにも聞いてみた。
 

「コミュニティマネージャーはハウスファミリーのみんながワクワクしてて
心地よい暮らしを楽しんでもらうために、
交流する場を作ったり絆を深めていく手助けをする存在だと思っています。
 
私はみんなで一緒にごはんをたべたり、嬉しいことをお祝いする時間がとても好きなので
「全員のお誕生日をお祝いしたい!」と思い、毎月のお誕生日会を開催しています。
 
大切なことはみんなにハウスが好きになってもらえるように、
まずは自分がその場を楽しむこと。ハウスを好きでいること。
自分からワクワクして楽しむと、周りにもきっと良い空気が伝染するから
なにより自分がシェア生活を楽しんでいます!」
 

 
「ハウスリーダー」「ハウスマネージャー」とはまたちょっと異なり
「コミュニティマネージャー」はハウスのコミュニティ作りに特化して考えているポジションだ。
 
「管理」「運営」とはまた異なる側面で
「ハウスに暮らすファミリーの居心地の良さ」や「お互いを知れるキッカケを作る」
いわば、ハウスを見守るお母さん的な役割。
 

 

15284168_1380381778638922_9215189006731108998_n

▲毎月開催しているハウスでのお誕生日ごはん会の様子。
当日は、主役の好きなものを囲んでみんなでごはん会、ケーキでお祝い。
ちょっとしたパーティーだけど、
贅沢でなくてもみんなでごはんを囲めることが何より嬉しい時間。
 

 
 
18600797_1339034909528869_300056175_n
  
▲クリスマス会だと思っていたら、
自分の誕生日をハウスファミリーにサプライズされるれいちゃん。
驚きのあまりに涙する場面も・・。
 

 
 
 

シェア生活で一番好きな時間は、
ここでしか味わえない毎日の日常

18643721_1339034879528872_1058250655_n
 
例えば、リビングでたまたま会ったハウスファミリーと
一緒にごはんをたべながら「シェアハウスあるある」を話しをしている時。
 
「シェアハウスで暮らしていると、こんなことあるよね」が意外にも
面白くて、話が弾むんです。それから一緒にごはんをたべている時。
 
仕事帰りやお出かけした後に一緒に家に帰る時。
 
まさに「バイバイが無い関係」なんですけど、
一人暮らしの経験もある私からすると、「家まで一緒に帰ることができる」って
とっても暖かくて好きなんです。
 
楽しい時間が終わった後、駅でバイバイした後ってなんとなく寂しい。
シェアハウスで一緒に暮らしていると、家まで楽しい時間が続くから、幸せです。 
 
 

シェアハウスで学ぶ、人と人との関係性

絆家シェアハウスは色んな人たちが住んでいます。

年齢・性別・職業・国籍・考え方・・・全く異なる人同士との暮らしは、日々学びがたくさん!

私は以前は自分と異なる価値観や考え方をする人に対して
「この人とは話が合わないなぁ・・」と感じたら
それ以上踏み込まないようにするタイプだったんですが
絆家シェアハウスで暮らし、自分と価値観の異なる人に対してまずは興味を持ってみるように
変えてみたんです。
「この人はどうしてそう思うんだろう?」
「どんな背景があって、今の価値観が生まれたんだろう?」
興味をもって、その人自身を理解する。
 
そうすると自分の心が広がって、すごく視野が広がった。
人生勉強だなぁと思いながら、もうすぐシェア生活6年目です。(2017年現在)
 

 
15241993_1380375468639553_5932251458768081274_n

▲絆家シェアハウス合同イベントでの一コマ。自然な笑顔と大好きなファミリーと。
 

 
 

「コミュニティマネージャー」といっても、ハウスファミリーと同じで
10人いれば10通りのカラーがある。
 
「こうしないといけない」「こうあるべき」というものは一切なく
ただ単純に「このハウスが大好きで、みんなが大好きで、みんなのために何かをしたい」
という純粋な気持ちが何よりも大切。
 
シェア生活を誰よりも楽しんでいるからこそ、その楽しさをみんなにも感じて欲しい、
自分ができることはなんだろう?を日々楽しみながら考え行動しているれいちゃんのいるハウスは
なんだかいつも、ワクワクした素直なエネルギーで包まれている。
 
ハウスの雰囲気を実際に覗いてみたい方はこちらよりお問い合わせください

13327636_1227341533942948_1457943964209104535_n15672513_1425600224117077_1569791679830337778_n

PROFILE

コミュニティマネージャー 今野玲子
ニックネーム:れいちゃん
表の顔は外資コスメ会社で販売員。裏の顔はイラスト好きの芸術肌。
好きな食べ物は、オムライス、トマト、チョコレート。
趣味は、ゆっくりお風呂に入る。絵を描く。のんびりお茶すること。
シェアハウスで開催する女子会も大好き。
 

WordPress Lightbox