まなび場 手作りソーセージ教室@東武練馬

おがとも先生の料理教室・自家製ソーセージ編 体験レポート

こんにちは。
絆家シェアハウスアンバサダーのエミリーです。

「腸に肉を詰めるところから、ソーセージを手作りしたことある?」
という質問に、
NOと答える人がほとんどだった絆家toiroメンバーたち。

今回は、絆家シェアハウスで展開している
manabi場サービスのひとつ「お料理教室」での、ソーセージ手作り体験をリポートします!

おがとも先生到着

午後8時、お料理教室がスタート。

manabi場はお仕事帰りのメンバーも参加しやすいように
平日は20時〜22時で開催されています。

先生に、みんなでご挨拶。

今日はよろしくお願いします!

img_7875_b1v6uo

はじける笑顔が素敵なおがとも先生は、
自家製ソーセージや肉料理を、日本全国へ届けている出張料理人です。
実はおがとも先生自身もシェアハウスに住んでいた経験があり、
絆家シェアハウスとも縁があって、今回料理教室をひきうけてくださいました。

さあ、クッキングスタートです♩

①お肉をまぜまぜ

はじめにお肉の下準備から。
みんなで協力して、腸に詰めるためのお肉を手でつぶします。

img_7782_s9gylx

ビニール手袋の代わりに、
ビニール袋に輪ゴムをつけてまぜまぜ開始。

これがなかなか、やりにくい。
でもこんなふうにみんなで一緒にお肉をつぶすのは斬新で、みんな楽しそうです!

②腸の下準備

次に、お肉を入れやすくするために腸をチューブにはめてセットしていきます。

この作業は慣れていないと難しく、みんな大苦戦。

みかねたおがとも先生が見本を見せてくれたのですが・・・
すいすいとやってのけるおがとも先生にみんな釘付けです!

img_7841_o7whlv

洗練された手さばきに興味津々!なみんな。

全員が目が離せなくなるくらいに、おがとも先生の作業のスピード感に圧倒されていました。

③待ちに待ったお肉詰め♩

やっと、メインのお肉詰めの工程へ。

チューブにセットした腸に、みんなでお肉を詰めはじめます。

これ、見ているよりも何倍も難しい!
お肉を流し込むための力も必要だし、
コツをつかまないと量の調節ができず、
不格好な長細いソーセージになってしまいます。

img_7892_csjqmy

おがとも先生がフォローに入ってくれる様子。
みんなコツをつかむまで、おがとも先生の仕上げが必須でした。

でも、やり続けているうちにだんだんコツをつかんできたメンバーたち。
できるとおもしろくて、チューブにお肉を流し込むあの感触が癖になります!

自家製ソーセージの出来上がり!

なんとか出来上がった自家製ソーセージ。見栄えはなかなかです!

焼きたてのソーセージをみんなでいただきます♩

私たちが作ったソーセージはこれから2日間ほど冷蔵庫で寝かせなければならないので、
この日はおがとも先生が別のソーセージを持ってきてくれました。

調理した焼きたてのソーセージに、チーズをつけて。

にっこりにこにこいただきます!!

もちろん、みんな一瞬で平らげてしまいました♡

img_7987_e3idh8

最後にみんなで記念撮影。
おがとも先生、わくわくして新しい発見に溢れたお料理教室を開いてくれて、
本当にありがとうございました!!

この記事に関するタグ
ライター紹介
emiri
emiri

絆家シェアハウスアンバサダー。「人と直接触れ合うこと」を大切にしており、リビングでのハウスファミリーとの様子を紹介してくれている。明るくて分け隔てない人柄でファミリーからも大人気。オーストラリアに3ヶ月留学した経験も持つ。女性の働き方に興味があり、学生生活以外にも精力的に活動中。

WordPress Lightbox